megメイン.jpg
logo01.png
title.png
ステッカー.png
MDH_band.png
logo02.png
title_kana.png

民謡クルセイダーズのメグ(meg)が、大いなるリスペクトを込めて

ジャズ・ヴォーカリストとしての江利チエミを唄う。

バックを務めるのは、1930~40年代の黒人大衆音楽をこよなく愛する、

日本でも数少ない7管+4リズム、総勢11人編成の

本格派ジャンプ・ブルース・バンド

ドリンキン・ホッピーズ/DRINKIN' HOPPYS。

 

録音およびミックスは、ドリンキン・ホッピーズ作品ではもはやおなじみの

ジャンプ&ジャイヴ界の偉大すぎる先達、吾妻光良。

 

古き良き時代のアメリカン・ミュージックを知り尽くしたメンバーによる、

ぜひともアナログ盤で聴いてほしい作品だ。

Meg & Drinkin' Hoppys - Tokyo Waltz (Official Video)
Meg & Drinkin' Hoppys - That Passionate Trumpet (10 Inch Vinyl "Sha Ba Da Swing Tokyo" Teaser)
Meg & Drinkin' Hoppys - Carioca (10 Inch Vinyl "Sha Ba Da Swing Tokyo" Teaser)
ジャケ.jpg
Meg & Drinkin'Hoppys
Sha Ba Da Swing Tokyo

SIDE A

1. CARIOCA

  キャリオカ

 

2. BLUE MOON

  ブルームーン

SIDE B

1. THAT PASSIONATE TRUMPET

  情熱のトラムペット

 

2. TOKYO WALTZ

  東京ワルツ

2021.12.15 Release!!

Produced by Mitsuyoshi Azuma

Recording & Mixing engineer : Mitsuyoshi Azuma   Mastering engineer : Shinji Kawase (Gumbo Studio) Design : Katsumi Tanaka

Hair make : Tetsuro Shima Kimono Fitting : Sayuri Kanno, Kanako Noda  

Special thanks : Mitsuyoshi Azuma, Yoshiaki Kondo (GOK SOUND)

label_moon02_B.jpg

Drinkin' Hoppys

MDH_band.png

2006年結成の日本でも数少ない8管+4リズム、

総勢12人編成の本格派ジャンプ・ブルース・バンド。

1930~40年代の黒人大衆音楽を現代に蘇らせるべく、

当時の心意気を主に日本語で唄う。

2010年 1stアルバム「Domestic Jump Blues!!」

2013年 2nd「Makin’Whoo pee!!」

2018年3rd「I Ain't Drunk, I'm Just Drinkin'」を発売。

よく言えばユーモアあふれる、悪く言えばふざけた歌詞ばかりだが、演奏についてはスウィング、ブギウギをベースに、当時の黒人音楽に対する多大なリスペクトが感じられる(はず)

かつて戦後間もない頃、偉大なる先達― 東京キューバンボーイズやノーチェクバーナが大志を抱き試みた日本民謡とラテン・リズムの融合を21世紀に再生させる東京の10人組、民謡クルセイダーズのヴォーカル&ピアニカ担当。時々レコード回し。

民謡クルセイダーズは2017年12月にファースト・アルバム『エコーズ・オブ・ジャパン』を発表。2020年9月にコロンビアのバンド、フレンテ・クンビエロとのコラボレーション10インチ・EP「民謡クンビエロ(フロム・トーキョー・トゥ・ボゴタ)」をリリース。

Meg

meg01.png

 Hirotsugu Tomiyama (Vo&G)

Koya Tokutake (B) / Yusuke Seki (Dr) / Ryo Sugimoto (Pf)

Kenya Kondo (As) / Kosuke Suzuki (As) / Hiroaki Urano (Ts)

Tatsuki Yamada (Bs) / Toshihiko Otsuki (Tp) / Arisa Harada (Tp)

Kazuhiro Arai (Tb) / Akinori Fujisawa (Tb) Wataru Inoue (Pf)

Koki Muto (As) / Yuki Yoshida (Tb)